一戸建ての魅力|家を建てるなら三栄建築設計に任せよう|おしゃれライフができる家
家

家を建てるなら三栄建築設計に任せよう|おしゃれライフができる家

一戸建ての魅力

外観

一戸建て住宅の歴史はどうなっているでしょうか。戦後、物資や人手が足らないころは、そもそもそれ以前に住宅がない家庭が多かったため、まずは一戸建てよりも集合住宅の建設が急務でした。そこで、都会を中心に公営住宅の建築が盛んになります。やがて、公団住宅も出てきて、おおよそ住まいのない人はいなくなったのが戦後10年目ぐらいです。 当時、日本は高度成長期に差し掛かっており、物資の確保ができるようになった頃から、「いつかは一戸建て」という夢を持つ人が多かったのです。そこで集合住宅から一戸建ての分譲住宅の建設が主流になっていきます。一戸建て住宅が主流になる過程の中で考え方も変わり「一戸建てに住んでこそ一人前」という流れになってきたのです。

分譲住宅の建築が増えると今後は既に設計された家を買うのではなく、一家の主としては自分で設計した住宅に住みたいという欲望が生まれ、やがて法律の範囲内で自由に設計できる注文住宅の建築が増えていきました。 その一方で、不動産価格も徐々に上昇していきます。ただ、1960年から1980年代にかけては全体的に物価が上がっていた頃なので、サラリーマンの給料も増え、土地の上昇をしたとしてもローンの制度が整ってきた頃から、ローンを組んで住宅を購入するのが当たり前になりました。 ところが、バブル崩壊後は、土地の価格も大きく崩れ、駅前や都心部n一部を除いて大方土地は下落していったのです。この傾向は今でも続いているのです。